翻訳支援ツールのいろは

翻訳支援ツールが使用されるようになって久しいですが、翻訳業界外の方には何のためのツールなのか分かりにくいのではないかと思います。アルビスでもTrados Studioをはじめとして翻訳支援ツールを使用しています。

(1) 概要
翻訳支援ツールとは、翻訳メモリ(TM=translation memory)という過去の原文と訳文が対になったデータベースから、再利用できる過去の訳文を自動的に呼び出すためのプログラムです。翻訳を行うのはあくまで人間であり、コンピュータが翻訳を行うAI翻訳とは全く異なるものです。

RWS社が開発・販売しているTrados Studioが、代表的な翻訳支援ツールですが、Memsourceなどのツールも広く使われるようになっています。

すべての翻訳者が翻訳支援ツールを使用しているわけではありません。また、案件ごとに向き不向きがあるため、それぞれのツールの特性を理解しておくことが重要です。

(2) メリット・デメリット
メリット

  • TMを活用することでコストと納期を抑えられる。
  • TMにより過去の訳文を活用することができ、用語や表現の統一が容易。
  • 原文ファイルのテキストを、書式やレイアウトを保ったまま翻訳文に置き換えできる。
  • 数値や用語などの機械的なチェック機能が利用できる。
  • TMと原文との一致率(マッチ率)が0~100%で数値化されるので、見積りの内訳が分かりやすい。

デメリット

  • 文単位での翻訳となるため、従来の方法に比べ、直訳傾向となりやすい。
  • マニュアル向きのツールであり、クリエイティブな翻訳が求められる内容には不向き。
  • 原文は同じであっても、訳文は文脈によって訳し分けが必要な場合があり、100%マッチであってもチェックが必要。

※100%マッチ:TMに登録されている原文と原稿内の原文が完全に一致しているということ

(3)Trados翻訳に向いているドキュメント例

  • 取扱説明書
  • 仕様書
  • 財務諸表などのIR文書

(4)Tradosを使用した場合の翻訳フロー

(5) 翻訳メモリの基本概念

例:
原文A:昨日リンゴを買いました。
訳文A:I bought an apple yesterday.


原文A→B:昨日リンゴを買いました。
訳文A→B:I bought an apple yesterday.

例:
原文C:昨日リンゴを買いました。
訳文C:I bought an apple yesterday.


原文C→D:昨日オレンジを買いました。
訳文C→D:I bought an orange yesterday.

(6) まとめ
翻訳支援ツールは魔法のツールではなく、どうしても得手不得手がありますので、使いどころを見極めることが肝心です。お持ちの翻訳メモリを使用しての見積り・翻訳も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
e-mailでのお問い合わせ:contact_usalvis.co.jp(スパム対策のため@を画像にしてあります)

お電話でのお問い合わせ
大阪本社 ・・・・ 06-6532-2367
東京支社 ・・・・ 03-5366-0922
福岡オフィス ・・ 092-724-5781